オケ

こんにちは。
アルトの稲村です!

昨日オーケストラを聞きに行ってきました。


ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番が大好きな私。
まだ生で聞いた事なくて、いつか生で聞いてみたいなぁと思っていたのですが、たまたまチラシを見付けてチケットを申し込みました♪( ´θ`)ノ
もぅ良いと言われる席は売り切れで、後ろ側かサイドしかなかったので、後ろ側の1番前の席をとりました。


最初はチャイコフスキーの幻想序曲ロミオとジュリエット。
バイオリンのピアノの音質に何回も鳥肌がたちました!
指揮者の顔も見えて自分もオケの中にいる感覚になりました。
そして管楽器の一人ずつの技術の高さ、存在感に驚き!!
驚いたとか失礼ですね´д` ;当たり前ですね…
自分も管楽器吹きなので、ある程度やっている事の難しさはわかるつもりです。それを涼しい顔で完璧にやってのける!プロやな!!凄かったです!!


そして、やっときました!
ラフマニノフピアノコンチェルト第2番。
ピアノの重々しさから始まる…
指一本一本からでる芯のある音。
鳥肌がずっとたってました。
ピアノに聞き入ってしまう…
ホントに美しい音。
涙出そうになりました。
今日しかない演奏。

自分も本番の日、場所により同じ演目でも変わっていると思います。(大口叩きすぎですけど(°_°)一緒にしてごめんなさい。)
何か色んな物を感じました。

そして、ラフマニノフさん。
メロディが良すぎる。
曲が良すぎるんです!!
美しすぎる!!
第3楽章のオケの壮大なメロディ。
なんやあれ?!
涙出るT^T
やっぱり大好きな曲です!!


今回感じたのは、やっぱりサックスはオケには向いていない。
サックスにはあんな事出来ない。
めっちゃ悔しいなぁと思いました。
でもサックスにはサックスの良いところがあって、サックスにしか出来ないことが沢山ある!!
メビウスでは見て楽しいのは勿論ですが、音の部分でもサックスにしか出来ないこと、響き、和音、全てにおいてこだわってやりたいなぁと思いました。
一音で感動させれるプレーヤー、グループになりたいと思いました。

スポンサーサイト

2012/11/19 12:40 | alt. 稲村芙梨衣COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |